健康ガイド

健康コラム

メタボリックシンドロームとは

ほんとのところ、「メタボ」ってなに?

すっかり一般的になった「メタボリックシンドローム」という言葉。太っている人の代名詞のように使われることも多いですが、本来どのような状態を指すのかご存知ですか?

肥満症や高血圧症、脂質異常症、糖尿病などのいわゆる生活習慣病は、それぞれ別の病気ではなく「内臓脂肪型肥満」が共通の原因であることが分かってきました。この内臓脂肪型肥満に加え、高血糖、高血圧、脂質異常のうち2つ以上を合わせ持った状態を、メタボリックシンドロームといいます。

近年は先進国を中心に、動脈硬化による心臓疾患や脳血管疾患が急増して、各国の保健機関が対策に追われています。日本でも心臓疾患や脳血管疾患による死亡率が30%を超え、死亡原因第1位のがんと並ぶまでになりました。動脈硬化には肥満症や高血圧症、脂質異常症、糖尿病のような生活習慣病が大きく関わっていて、生活習慣病の原因となるのがメタボリックシンドロームです。

メタボリックシンドロームの診断基準

メタボリックシンドロームの診断基準となる4つの項目をチェックしましょう。

  • □ 内臓脂肪の蓄積
    腹囲(へそ回り)  男性85cm以上
              女性90cm以上
  • □ 脂質異常(いずれか、または両方)
    中性脂肪      150mg/dl以上
    HDLコレステロール 40mg/dl未満
  • □ 高血圧(いずれか、または両方)
    最高(収縮期)血圧 130mmHg以上
    最低(拡張期)血圧 85mmHg以上
  • □ 高血糖
    空腹時血糖     110mg/dl以上

メタボ改善で健康長寿!

心臓疾患や脳血管疾患などの恐ろしい病気を防ぐには、メタボリックシンドロームの段階での対策が必要です。メタボリックシンドロームは食事や運動などの生活習慣を見直すことで、予防・改善できます。
健康で長生きするために、積極的にメタボリックシンドロームの改善に取り組みましょう。