健康ガイド

健康コラム

夏風邪の予防と治療のポイント

夏風邪は腹痛やのどの痛みが特徴

なんとなく喉に違和感があったり、お腹の調子が悪かったり、ということはありませんか。暑い季節に体調がすぐれないときは、つい「夏バテだろう」と片付けてしまいがち。でも、ちょっと待ってください。もしかしたらそれは、厄介な「夏風邪」かもしれません。

風邪の原因となるウイルスは200種類以上ありますが、その中でも高温多湿の環境を好むウイルスが夏風邪の原因となります。代表的なものは「エンテロウイルス」や「アデノウイルス」です。エンテロには「腸」、アデノには「のど」という意味があります。これらのウイルスに感染すると、発熱に加え、腹痛や下痢、のどの痛みなどが起こります。「夏風邪はお腹にきやすい」と言われるのはこのためでしょう。

このほか、夏風邪が引き起こす症状は一般の風邪と同様に、発熱や頭痛、咳といったものがあります。

夏風邪を予防するには?

夏風邪は経口感染が主な感染経路です。手にウイルスがついたまま、食べたり飲んだりすることで、体内にウイルスを取り込み発症します。そのため、手洗い・うがいをしっかりと行うことが一番の予防になります。

もちろん、咳やくしゃみによる飛沫感染に対してはマスクも有効です。ただし、夏風邪のウイルスは湿ったところを好むので、吐息で湿ったマスクがウイルスの温床となることもあります。マスクを付ける際はこまめに交換して、清潔に保ちましょう。

また、エアコンの温度にも注意が必要です。室内外の気温差が大きくなると、人間は自律神経(体の調子を整える神経)のバランスが乱れ、体調を崩しやすくなります。その結果、夏風邪につながることも。会社や映画館などでエアコンの調整が難しい場合は、ひざ掛けや腹巻きなどを利用し、体を冷やさないように心がけましょう。

免疫力を高めることが大切

夏風邪にかかってしまったら、たっぷりと睡眠をとるのが一番大切です。体力を回復し免疫力を高めることが、効果的な治療となります。発熱と夏の暑さにより脱水症状を起こす可能性があるので、水分は欠かさず補給してください。
とくに高齢の方は、発熱で体がだるいと脱水症状に気づきにくいことがあります。1時間に1回程度を目安に水分補給を行いましょう。

 

食事の面では、発汗を促し免疫力を高めるショウガやニンニクが効果的です。
特にショウガには消炎作用があるため、すりおろしてジンジャーティーなどにして飲むと、のどの痛みを軽くしてくれます。これらの食材は夏バテの予防にもなるので一石二鳥です。

夏風邪は長引きやすいのが特徴です。「軽い風邪だから」と放置すると悪化し、別の病気を引き起こすこともあります。「あれ、何か変だな?」と思ったら、早めに病院を受診しましょう。