健康ガイド

健康コラム

その肌トラブルの原因、雑菌かも? 「脂漏性皮膚炎」のしくみ

乾燥で肌がカサカサ、頭のフケも気になるとお悩みの方。頭皮の他に、顔や体にも湿疹などの肌トラブルが現れていませんか?もしかすると、その原因は乾燥ではなく「脂漏性皮膚炎」かもしれません。

菌が原因で起こる脂漏性皮膚炎とは

脂漏性皮膚炎は、皮膚にいる菌が増殖して炎症を引き起こす病気です。
頭皮や髪の生え際にかけて赤っぽい斑点が広がるほか、フケやかゆみなどの症状を伴います。また、頭皮以外にも鼻の脇や耳の後ろなどに湿疹が現れる場合もあります。基本的に、汗や摩擦の多い部位に症状が現れるのが特徴です。症状が乾燥肌やアトピーなどと似ているため、自身の病気が「脂漏性皮膚炎」であることに気付かない人も少なくありません。

脂漏性皮膚炎は思春期以降の成人に発症することが多く、慢性化しやすい病気です。医師の指導を受けながら根気よく治療していく必要があります。

脂漏性皮膚炎の治療法

脂漏性皮膚炎の治療では、炎症の原因となる菌の増殖を抑えることが重要です。
そこで、治療では抗真菌剤や抗炎症剤を使用します。その他、肌の清潔を保つためにシャンプーを含めた日頃のスキンケアも必須です。
また、ビタミン不足が原因で脂漏性皮膚炎になる場合もあります。このときはビタミン剤を服用して治療します。

いずれにしても、自己流の対処で治すことは難しい病気です。脂漏性皮膚炎が疑われる場合は必ず病院に行き、適切な薬を処方してもらいましょう。

脂漏性皮膚炎の予防法

予防としては、肌を清潔に保つことが重要です。ただし、シャンプーのしすぎは皮脂不足や乾燥肌を招くこともあるので、洗いすぎには注意しましょう。
シャンプーをするときは髪を撫でるように優しく洗い、頭皮に爪を立てないようにします。シャンプーやリンスの成分が皮膚に残っていると炎症を起こすので、シャワーで十分に洗い流すようにします。

また、枕カバーやタオルなど、肌に触れるものも清潔にしておくことがポイントです。特に枕カバーで雑菌が繁殖すると、頭皮のかゆみやフケの原因になります。寝具はこまめに交換するようにしましょう。

脂漏性皮膚炎には、生活リズムの乱れやストレスとの関係も指摘されています。特に睡眠不足は肌荒れの大きな原因になります。規則正しい生活を送り、十分な休養を心掛けましょう。

まとめ

脂漏性皮膚炎は、きちんと薬を塗ることで治る病気です。頭皮のかゆみやフケはデリケートな問題ですが、一人で悩まず病院に相談しましょう。