健康ガイド

健康コラム

ツラいお尻や太ももの痛み……「坐骨神経痛」を予防するには?

お尻から太もも、そしてふくらはぎを通る重要な神経の一つに「坐骨神経」があります。その神経が何らかの原因で圧迫され、痛みを生じるのが「坐骨神経痛」です。悪化すると手術が必要になるケースもあり、早期の対処が肝心です。

坐骨神経痛とは

坐骨神経痛とは、厳密には病気の名前ではなく、お尻から太ももにかけての痛みの総称です。腰から足へと伸びる神経が何らかの原因で圧迫され、「神経痛」となって現れます。その多くは、腰や背骨、骨盤の病気が関係しています。

坐骨神経痛は投薬やブロック注射で治るケースがほとんどですが、重症化すると手術を行います。最近は内視鏡を用いた体への負担が少ない手術も増えているので、医師に相談してみましょう。内視鏡を用いた手術は術後の痛みが少なく短期の入院で済むため、比較的早く日常生活に戻ることができます。

高齢者に多い「脊柱菅狭窄症」との関係

高齢の方に多いのが、「脊柱菅狭窄症」という病気から坐骨神経痛になるケースです。
脊柱菅とは、背骨の中にある神経の通り道です。この脊柱管が老化によって狭くなり、神経を圧迫して坐骨神経痛を生じます。長時間立ったまま、あるいは歩いたままでいると痛みや足のしびれが表れます。

その他、椎間板ヘルニアや背骨・骨盤に生じた腫瘍が原因で坐骨神経痛を引き起こすこともあります。痛みの原因によって治療法は異なるので、まずは整形外科などで検査を受けましょう。

坐骨神経痛の予防法

坐骨神経痛を予防するためには、腰や骨盤を支える筋肉を鍛えておくことが大切です。
ストレッチで筋肉を伸ばして解すことが、脊柱管の負担を軽減につながります。特にデスクワークの人は筋肉が凝り固まりやすいので、定期的にストレッチを行うと予防になるでしょう。
ストレッチで坐骨神経痛が改善することもありますが、歩くのが困難なほど痛みが強い場合は病院で医師の指導を受けましょう。

まとめ

高齢者の坐骨神経痛には、脊柱菅狭窄症が関わっている場合があります。放置すると日常生活に支障をきたすこともあるので、痛みがひどくなったり長引いたりする場合は病院を受診しましょう。