健康ガイド

健康コラム

飲み過ぎ・食べ過ぎは「膵炎」の原因です

歓送迎会の重なる時期は宴会が増えますね。健康のためにも食べ過ぎ・飲み過ぎには気を付けたいものです。しかし、暴飲暴食は肥満の元になるだけでなく、「膵炎」を引き起こす可能性があることをご存知ですか。

食生活が大きく影響する急性膵炎

膵臓は胃腸の後ろにある小さな臓器です。膵液を分泌して消化を助けるとともに、ホルモンを分泌して血糖値を調整する役割があります。重さは肝臓の10分の1ほどですが、人間が生命活動を行う上で欠かせない重要な臓器です。

膵炎とは、何らかの理由で膵管(消化酵素を分泌する管)に膵液が溜まり、膵臓自身を消化してしまう病気です。主な原因はアルコールの過剰摂取や胆石で、食生活が大きく関わるとされています。慢性膵炎と急性膵炎があり、特に急性膵炎は中高年の男性に多い病気です。

急性膵炎になると、主に食事を食べたあとに上腹部や背中が激しく痛みます。痛みの程度は個人差があり、軽いものからのたうち回るほどの痛みまでさまざまです。膝を抱くようにして丸くなると痛みが和らぐといわれています。

なお、急性膵炎では発熱や呼吸困難などのショック症状を起こすこともあります。重症化すると多臓器不全に陥り、命に関わる場合も。食後に激しい腹痛に襲われるなど膵炎の疑いがあるときは必ず病院を受診しましょう。

膵炎の予防法

膵炎の主な原因はアルコールの過剰摂取と胆石です。胆石は脂肪分の多い食事などが原因で発生します。飲み過ぎや脂っこい食事には注意しましょう。

・飲酒を控える
厚生労働省によれば、1日当たりの適切な飲酒量はアルコール20gとされています。これはビールに換算すると中瓶1本(500ml)、日本酒であれば1合、缶チューハイなら1.5缶程度(約520ml)に当たります。ただし、上記はあくまで目安で適正量は個人によって異なります。無理な飲酒は控えましょう。

・食生活に配慮する
脂肪分の多い食事によって胆石ができ、急性膵炎を起こすこともあります。この場合は油を使った揚げ物や炒め物などを控え、脂肪分を抑えた食事をとることで予防が可能です。ケーキなどの菓子も高脂肪なので要注意です。

まとめ

お酒の飲み過ぎや脂肪分の多い食事といった生活習慣は、急性膵炎のリスクを高めます。なお、急性膵炎は生活習慣を改善しなければ再発のリスクがあります。膵臓を守るためにも、食習慣や飲酒について見直してみませんか。