健康ガイド

健康コラム

高齢者に多い「誤嚥性肺炎」とは

誤嚥性肺炎とは嚥下機能(物を飲み込む力)が弱っている高齢者に多い肺炎です。重症化しやすく命に関わる場合もあるため、注意したい病気です。

高齢者に多い誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎とは、食べ物や飲み物、唾液などを誤って肺に吸い込んでしまうこと(誤嚥)が原因で起こる肺炎です。
通常は誤嚥すると、肺への異物侵入を防ぐために「咳き込み」などの反射行動が起こります。しかし、体力が弱っている高齢者の場合は反射が十分に起こらないことがあります。そのため、異物とともに口の中の細菌が肺に侵入して肺炎になるのです。

誤嚥性肺炎の主な症状は咳、たん、呼吸困難、発熱などです。高齢者の場合は症状が現れにくく、倦怠感を訴えるのみの場合もあります。
食事中にむせる、食べ終えるまでに長い時間を要する、ひどくたんが絡んでいるなどの場合は誤嚥性肺炎の可能性があるかもしれません。

誤嚥性肺炎の治療

誤嚥性肺炎の治療では、抗生物質などを服用します。しかし、高齢者の誤嚥性肺炎は再発しやすく、治療を重ねるうちに菌が薬への耐性を持ち(耐性菌の発生)完治が難しくなるケースもあります。
なお、日本では肺炎で亡くなる方のうち9割以上が75歳以上の高齢者であり、その多くが誤嚥性肺炎であるといわれています。
ただし、誤嚥したからといって必ずしも肺炎を起こすわけではありません。誤嚥性肺炎には個人の体力や栄養状態なども大きく関わっています。

誤嚥性肺炎の予防

一般的な肺炎の場合は、ワクチンで予防できる肺炎球菌が主な原因です。しかし、誤嚥性肺炎は口内の雑菌が原因であるためワクチンの効果は望めません。つまり、日頃の生活から予防していく必要があります。寝たきりの高齢者は誤嚥を起こしやすい傾向にあるため、特に注意が必要です。

①誤嚥を防ぐ体位
誤嚥を防ぐためには、食べ物を飲み込みやすい体位をとることが大切です。食事の際は上半身を30度以上起こし、食後もすぐ横にはならずに2時間ほど体位をキープしましょう。

②口の中を清潔にする
雑菌の繁殖を防ぐためにこまめに歯磨きなどの口腔ケアを行い、口の中の清潔に保ちましょう。口腔ケアを行うと咳き込みなどの反射能力が改善する場合もあります。

まとめ

高齢者に増えている誤嚥性肺炎は再発しやすく、悪化すると死のリスクもある恐ろしい病気です。何よりも予防が肝心ですから、体位と口腔ケアに配慮した生活を送りましょう。