健康ガイド

健康コラム

夏は細菌による急性胃腸炎に注意!

突然の腹痛や嘔吐、下痢などをもたらす急性胃腸炎。細菌性やウイルス性など複数の種類があり、季節によって流行するタイプが異なるのが特徴です。

急性胃腸炎の原因

急性胃腸炎とは、前触れ無く腹痛や嘔吐、下痢などが起こる病気です。主に細菌やウイルスに感染することで発症します。
感染源は食事や水、ペットなど多岐に渡りますが、感染経路が不明という場合も少なくありません。

なお、急性胃腸炎は細菌性胃腸炎とウイルス性胃腸炎に大きく分けられます。原因によって治療法が異なるため、医師による的確な診断が必要です。

・細菌性胃腸炎
細菌による胃腸炎で、主に夏に流行します。腹痛や嘔吐、下痢といった症状が現れ、重症化すると血便が出る場合もあります。下痢をすると体内から急激に水分が失われるため、脱水症状にも注意が必要です。
一般にウイルス性よりも重症になるケースが多く、血圧低下や意識障害などのショック症状を起こす可能性もあります。

・ウイルス性胃腸炎
ウイルス性胃腸炎は主に冬に流行し、水のような下痢便が特徴です。ロタウイルスやアデノウイルスなどさまざまなウイルスが原因になりますが、もっとも有名なのはノロウイルスでしょう。なお、ノロウイルスによる胃腸炎は激しい嘔吐と下痢が特徴で、発熱はないことがほとんどです。

細菌性・ウイルス性ともに、急性胃腸炎は免疫力が弱まっていると感染しやすくなります。季節の変わり目は自律神経のバランスが乱れ、体調を崩しやすい時期です。生活リズムを整え、疲れを溜めないよう十分な休息を取りましょう。

急性胃腸炎の予防法

細菌やウイルスの感染を防ぐため、手洗い・うがいを行うことが第一の予防になります。食事の前やトイレの後には必ず手を洗いましょう。また、梅雨や夏は雑菌が繁殖しやすいので、食品を十分に加熱するよう心掛け、調理器具の殺菌にも気を配りましょう。

急性胃腸炎の対処法

下痢や嘔吐の症状がある場合は、まず水分補給を行います。常温のスポーツドリンクなどを少しずつ飲み、下痢で失われた水分を補いましょう。
食事ではおかゆやうどんなど消化の良いものを食べます。すりおろしたリンゴもおすすめです。牛乳やチーズなどの乳製品は下痢を悪化させる可能性があるのでなるべく控えましょう。

まとめ

急性胃腸炎はさまざまな細菌やウイルスに感染することで発症します。嘔吐や下痢がひどい場合は必ず病院に行き、適切な処置を受けてください。