健康ガイド

健康コラム

夏でも冷え性になる? 「内臓型冷え性」とは

夏は冷やし中華やアイスクリームなど冷たいものが恋しくなる季節です。しかし、冷たいものの取りすぎは夏バテや下痢などを招きます。さらに最近増えているのが、内臓の冷えから起こる「内臓型冷え性」です。

男性や子供も注意! 内臓型冷え性とは

内臓型冷え性とは、冷たい食べ物・飲み物の過度な摂取により内臓の温度が下がり、体の内部から冷えることで起こります。
内臓型冷え性になると血流が滞り、基礎代謝量の減少や免疫力の低下が起こります。そのため、頭痛や肩こり、疲労感、食欲不振、下痢などさまざまな不快症状が表れます。

最近は室内外の寒暖差によって自律神経のバランスが乱れ、内臓型冷え性を引き起こす場合もあります。女性はもちろん、デスクワークが多い方や運動不足気味の方は内臓型冷え性になりやすいため、子供や男性でも要注意です。

内臓型冷え性の対策3選

暑い夏を元気に過ごすためにも、冷え性対策は欠かせません。生活の中で3つのポイントに気を付けて内臓型冷え性を予防しましょう。

・体を冷やすものを避ける
冷たいものは適量であれば構いませんが、「3食全て素麺やアイスクリーム」といった生活は避けるべきです。食欲がない場合は、スープやお茶などの温かいメニューを1品取り入れるようにしましょう。

・基礎代謝量を高める
筋肉が少ない人は内臓型冷え性になりやすいといわれています。この場合は運動して基礎代謝量を高めることで、冷え性を改善できます。
運動といっても、激しいスポーツなどを行う必要はありません。エレベーターの代わりに階段を使ったり、寝る前にストレッチの時間を設けたりするだけでも十分です。激しい運動を短期間行うよりも、小さな取り組みを長期間続けるようにしましょう。

・羽織るものを持ち歩く
暑い日は冷房を強めるオフィスやお店も多く、室内外の気温差が激しくなりがちです。体温調節しやすいように、ストールやカーディガンなど1枚羽織るものを持ち歩きましょう。腹巻きで腹部を温めたり、ハイソックスで冷えを予防したりすることも有効です。

まとめ

内臓型冷え性は肩こりや頭痛などさまざまな症状を引き起こし、夏バテにつながる場合もあります。冷房の効いた場所ではひざ掛けやカーディガンを用いるなどして体温を保ち、冷たいものの取りすぎには気を付けましょう。