健康ガイド

健康コラム

失明の恐れもあり! 「ぶどう膜炎」にご用心

ぶどう膜炎は眼球の中の「ぶどう膜」に何らかの炎症が起こる病気で、目のかすみや痛み、視力低下などさまざまな症状が現れます。

ぶどう膜炎とは

ぶどう膜とは、人間の眼球の内側にある虹彩、毛様体、脈絡膜の3つをまとめた総称です。虹彩は眼球の全面にあり、網膜に入る光の量を調節する役割があります。
毛様体は眼球のレンズ(水晶体)の周りにある筋肉で、レンズの焦点を合わせる働きを持ちます。脈絡膜は網膜の外側にある膜で、眼球に栄養を届ける役割があります。これら3つが眼球を包み込むような構造になっていることから、「ぶどう膜」と呼ばれています。

ぶどう膜に炎症が起こると、目のかすみや痛み、飛蚊症、視力の低下など目に関するさまざまな症状が現れます。両目に症状が出るとは限らず、片目だけ、あるいは交互に症状が現れるケースもあります。
子どもから老人まで誰でも掛かる可能性のある病気で、悪化すると失明の恐れもあるため注意が必要です。

ぶどう膜炎の原因

ぶどう膜炎の主な原因は、病原菌による感染や免疫異常などですが、原因が特定できないケースもあります。

・病原菌による感染
細菌やウイルス、カビなどの感染が原因でぶどう膜炎が起こるものです。急激に悪化することもあり、急な目の痛みから視力低下を起こし、網膜剥離や失明に至るケースもあります。

・免疫異常
自己免疫疾患などの病気が原因で、ぶどう膜炎になるケースです。主な自己免疫疾患にはベーチェット病、サルコイドーシス、原田病があります。
ちなみに、自己免疫疾患とは過剰な免疫反応により自分の組織を攻撃してしまう病気です。そもそも自己免疫疾患の詳しい仕組みがいまだに分かっていないため、治療が長期に渡ることもあります。

このほか、糖尿病や脳神経疾患、血液疾患などからぶどう膜炎が起こる場合もあります。

ぶどう膜炎の治療

ぶどう膜炎は眼の症状だけでなく、問診や全身を検査した結果を踏まえて統合的に診断されます。
ただし、原因が判明しても根治治療が難しい病気です。治療では炎症を抑えて合併症を予防することが主な目的になります。

治療法は点眼薬や免疫抑制薬などを用いるのが一般的です。やむを得ず副作用の強い薬を用いる場合もありますから、必ず医師の指示に従いましょう。

まとめ

ぶどう膜炎は慢性化する可能性もあり、放置すると失明に至ることもあります。
目の異常が続く場合は必ず専門の病院で見てもらい、検査や処置を受けましょう。