健康ガイド

健康コラム

失明につながる目の病気、加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性症とは、中高年に特に多い目の病気です。日本では失明原因4位の病気ですが、同じく失明につながる目の病気である緑内障や白内障ほど広くは知られていません。症状に気づかず見過ごしてしまう場合も多いため、ここで一度主な症状や予防法をチェックしておきましょう。

加齢黄斑変性とは

加齢黄斑変性とは、網膜にある黄斑(おうはん)という部分に異常が現れることで起きる目の病気です。加齢黄斑変性症は50歳以上の1%が発症する病気で、欧米では失明原因の1位、日本では4位となっています。

加齢黄斑変性を発症すると視界の中心がかすんで見えたり、歪んで見えたりします。さらに進行すると視力が低下し、失明を引き起こす場合も。症状の初期段階では「年齢のせい」と思って気づかないケースも多いため、日頃の予防と早期発見・早期治療が大切です。

加齢黄斑変性の原因

加齢黄斑変性症の主な原因は加齢喫煙食習慣です。加齢とともに目の組織が老化し、年齢が上がるほど発症しやすくなります。また、喫煙習慣がある方もかかりやすいです。加齢黄斑変性症の男性の発症リスクは女性の3倍。これは日本において男性の方が女性より喫煙者率が高いためだといわれています。さらに、ハイカロリーな食事を取ることが多い方も注意が必要です。内臓脂肪が増えると動脈硬化によって網膜の血流が悪化し、発症しやすくなります。

加齢黄斑変性の予防

予防のために、喫煙習慣がある方は禁煙を心がけましょう。また、食生活面では抗酸化ビタミン(ビタミンC、ビタミンE、βカロテンなど)と抗酸化ミネラル(亜鉛)が不足しないようにすることが大切です。これらを含む野菜緑黄色や果物を食事に取り入れたり、サプリメントを活用したりするとよいでしょう。さらに、早期発見のために眼科で定期的に検査を受けておくと安心です。

まとめ

加齢黄斑変性症は気づかないうちに発症するケースも多いです。予防のためにもなるべくたばこは控えるようにし、普段からバランスのよい食事に気をつけて過ごしましょう。