健康ガイド

健康コラム

「歯ぎしり」が与えるダメージは想像以上!?

「ギリギリ」「ギシギシ」という音がしない場合もあり、自覚症状がない人が多い歯ぎしり。放っておくと歯や顎に大きなダメージを与える可能性があるため、早めに対処することが大切です。今回は、歯ぎしりの影響やチェック法、対処法をご紹介します。

歯ぎしりの影響と原因

歯ぎしりは、放っておくと顎関節症や歯周病の悪化などを引き起こしてしまうことも。歯ぎしりが与えるダメージは大きく、一晩の歯ぎしりは一生分のそしゃくに相当するともいわれます。

歯ぎしりが及ぼす影響
・歯がすり減る、ひびが入る
・歯周病が悪化する
・顎関節症になる
・知覚過敏が起こる
・熟睡できない(睡眠障害)

他にも、日中の眠気や集中力低下を招く「睡眠時無呼吸症候群」とも関連が深いといわれています。歯ぎしりが起こる主な原因は、「ストレス」と「かみ合わせの悪さ」の2つです。日頃、ストレス解消をするようにし、かみ合わせに問題があるときは歯科医に相談するとよいでしょう。

歯ぎしりのセルフチェック

以下のうち1つでも当てはまれば、歯ぎしりをしている可能性があります。セルフチェックをしてみましょう。

歯ぎしりのセルフチェックリスト

・歯ぎしりしていると家族に言われたことがある
・歯にひびが入っている、擦れて欠けたような歯がある
・口を閉じた状態で、口の中で上下の奥歯がくっつく
・集中しているときに無意識に歯をかみしめている
・冷たいものを口に入れるとしみる
・ほおの内側にかんだあとや、舌に歯形がついている
・起床時に口の周囲がこわばる。あごが疲れる、だるい
・肩こりや頭痛がひどいと感じる

自分でできる歯ぎしり対策

歯科ではマウスピースの使用や、かみ合わせの改善などの治療が行われます。日常生活では以下の点に気をつけましょう。

・ストレスをできるだけためないようにする
・日中、口をかみしめていると気づいたらすぐに口を開く
・食べ物を強くかまず、かむ回数を増やして左右均等にそしゃくする
・就寝前の飲酒を控える、スマホを見ないようにする
・枕を高くしすぎない(枕が高いと歯をかみしめやすくなるため)

まとめ

歯ぎしりは睡眠障害や歯周病の悪化などの二次障害を引き起こす可能性があります。たかが歯ぎしりと思って放置せず、症状が気になったら医療機関に相談しましょう。