健康ガイド

健康コラム

肩が痛い、腕が上がりにくい! もしかしたら四十肩・五十肩かも

「洗濯物を取り込もうと手を上げたら肩に痛みを感じた」「肩の痛みが強く、ぐっすりと眠れない」という悩みがある方は、もしかしたら四十肩・五十肩かもしれません。今回は四十肩・五十肩の症状や対処法について紹介します。

■四十肩・五十肩とは?

四十肩や五十肩は、医学的には「肩関節周囲炎」という疾患を指します。40~50代の方が肩関節周囲炎になることが多いことから、「四十肩」「五十肩」という呼び方が広まりました。

原因ははっきりと分かっていませんが、肩を構成する骨、軟骨、靭帯、腱などの老化により肩関節の周りに炎症が起きることで発症するといわれています。

 

■四十肩・五十肩の症状

肩関節周囲炎になると肩の可動域が制限されるため、腕が上がらない、背中に回らないといった症状が現れます。具体的には、ヘアセットがしにくい、着替えがしにくい、夜中に肩がズキズキと痛むなどがあります。

痛みを繰り返す、または痛みがとても強い場合は、病院に行くことをおすすめします。痛みを緩和させようと自己判断で対処すると、症状が悪化する、回復が長引く可能性があります。

 

■四十肩・五十肩の治療法

肩関節周囲炎の症状によって、治療法は異なります。

腕を動かしているときだけでなく、動かしていないときでも強い痛みを感じる場合は、安静が一番です。重い荷物を持ったり運動したりしないようにしましょう。病院に行くと、消炎鎮痛剤の内服、注射などで痛みを緩和させることができます。

 

肩の痛みが緩和されてきたら、腕を動かさなかったことで硬くなった筋肉をほぐすストレッチやリハビリを行います。上半身をリラックスさせた状態で、痛みを感じない程度に腕をぶらぶらさせ、肩の可動域を広げましょう。腕を動かしていない状態が続くと、肩周りの筋肉が硬くなりさらに動かしにくくなります。

ストレッチ・リハビリの実施と並行して、肩を冷やさないように、入浴時はぬるめのお湯につかる、肩まで布団をかけて眠ることも大事です。

 

■まとめ

肩関節周囲炎は症状によって効果がある対処法が異なるため、肩関節周囲炎かもしれないと思ったら病院に行きましょう。肩の痛みを放置していると、痛みが続くだけでなく、ますます腕の動きが悪くなる可能性があります。