健康ガイド

健康コラム

健康的な体をつくるために必要な免疫とは?

テレビや雑誌などで、「風邪にならないよう、免疫力を高めることが大切」といった言葉を目にすることが多いかと思いますが、そもそも免疫とは何でしょうか。ここでは、免疫のしくみや、免疫細胞の種類、免疫力を高める方法を説明します。

■免疫とは

免疫とは、体内に侵入した細菌やウイルスを排除して体の健康を守るしくみを指します。免疫には「自然免疫」と「獲得免疫」の2種類があります。

  • 自然免疫

    自然免疫は「体内に異物があるだろうか?」とパトロールし、異物があれば排除する役割があります。自然免疫として働く細胞に、好中球・NK細胞・樹状細胞・マクロファージなどがあります。

  • 獲得免疫

    自然免疫で排除できなかった異物を攻撃するのが、獲得免疫です。獲得免疫を担うT細胞やB細胞は、樹状細胞やマクロファージなどから受け取った異物の情報を記憶できるので、一度体内に入ったことがある異物なら素早く排除できるのが特徴です。

■免疫細胞の種類

免疫細胞には、それぞれどのような働きがあるのでしょうか。

自然免疫
好中球 異物を取り込み分解する食作用によって、細菌などを排除する。
NK細胞 ウイルスなどに感染した細胞やがん細胞を攻撃、破壊する。
樹状細胞 食作用によって取り込んだ異物の情報をT細胞に伝える。
マクロファージ 食作用によって、細菌や細胞の死骸などを排除する。
異物の情報を他の免疫細胞に伝える。
獲得免疫
ヘルパーT細胞 樹状細胞から受け取った異物の情報をもとに、B細胞に抗体をつくるよう指示を出したり、キラーT細胞を活性化させたりする。
キラーT細胞 樹状細胞から受け取った情報をもとに、ウイルスに感染した細胞やがん細胞を攻撃する。
B細胞 ヘルパーT細胞の指示を受けると、異物を攻撃する抗体をつくる。

私たちが元気に過ごすことができるのは、免疫細胞がしっかりと働いてくれているから。しかし、免疫力が低下すると免疫細胞が十分に働いてくれなくなり、病気にかかりやすい体になります。

■免疫力を高めるには?

免疫細胞の多くが腸に集まっているといわれています。栄養バランスの良い食事を心掛けると同時に、ヨーグルトなどの発酵食品、きのこなどの食物繊維を積極的に摂取し、腸内環境を整えましょう。
そのほか、免疫力をアップさせる方法として、適度な運動をする、ストレスをためない、十分な睡眠時間を確保する、体を温めるなどが挙げられます。

■まとめ

昼夜の気温差が激しく、体調を崩しやすい9月。健康的な体をつくるには、免疫力向上が欠かせません。改めて、生活習慣を見直してみてはいかがでしょうか。