健康ガイド

健康コラム

時間がたつと気になる汗のにおい よい汗をかくには?

自宅でシャワーを浴びようしたら、衣服からプンと汗のにおいがし、冷や汗をかいたことはありませんか。今回は汗がにおう原因とその対策を紹介します。

■汗がにおう原因とは

夏になると気になる汗のにおい。汗は体温を調節する働きがあるので、汗をかくことは大事なことです。ただ、だからといって、自分から汗のにおいがしたら嫌な気分になるもの。

そもそも、汗そのものに「におい」はないことをご存じでしたか。「エクリン腺」という汗腺から出る汗はそのほとんどが水分なので、さらさらとしており、ほぼ無臭。ただ、最初はにおわない汗でも、時間がたち汗に皮脂や垢などが混ざると、細菌がこれらを分解し、におう汗になります。

そのほか、「におい」の原因として、汗腺の働きの衰えがあります。汗腺の機能が低下すると、水分以外の余計の成分が多く排出されるため、皮膚表面の菌が増え、においが発生しやすくなるのです。

また、疲労による肝機能の低下もにおいが発生する原因の1つです。肝機能がうまく働かなくなると、アンモニアが十分に分解されなくなります。分解されなかったアンモニアの一部は、汗として排出されるため、嫌なにおいがします。

■におわない「よい汗」にするためには?

ここでは、におわない汗にするために心掛けたい主なポイントを紹介します。

  • 体を清潔に保つ

    汗がにおう前に、こまめに拭き取る、シャワーを浴びるなどし、常に体を清潔な状態にしましょう。汗を拭き取るとき、やや塗れたタオルやボディシートを使うと、体温を下げられる効果が期待できるとともに、においのもとになる成分を取り除けます。

  • 汗腺機能を鍛える

    汗腺機能が弱まったことで汗がにおう場合は、ウォーキングや入浴などを通して汗をかく習慣を身に付けましょう。汗腺の機能は、汗をかくことで高まるといわれています。

  • 疲れを溜めない

    疲れを溜めないよう、睡眠時間や趣味の時間を確保し、心身を休ませましょう。湯船にゆっくり浸かると、リラックスできる上に汗を流せるので、一石二鳥です。

■まとめ

汗のにおいが気になっていた方は、今回紹介したことを試してみてはいかがでしょうか。汗のにおいが原因で気分が落ち込んだ思い出も、におわない「よい汗」をかくことで、さっぱりさせましょう。