健康ガイド

健康コラム

水ぶくれができたら要チェック!とびひとは

とびひの正式名称は「伝染性膿痂疹(でんせんせいのうかしん)」といい、細菌によって皮膚に水ぶくれができる感染症のことです。水ぶくれが破れると、菌が体に広がり「飛び火」のように症状が広がっていくことから「とびひ」という名前で呼ばれています。今回は、細菌が繁殖しやすい夏に流行る、とびひの症状や原因、予防法について紹介します。

■とびひの原因

伝染性膿痂疹とは「黄色ブドウ球菌」や「A群β溶血性レンサ球菌」に感染することによって発症する感染症です。擦り傷や虫刺されなど、皮膚にできた傷から細菌が入り込み、伝染性膿痂疹を発症します。伝染性膿痂疹は小学校入学前までの幼児がかかりやすい感染症で、細菌が繁殖しやすい夏に流行る傾向があります。

■とびひの症状

伝染性膿痂疹の症状は大きく2つ、水ぶくれができるタイプとかさぶたができるタイプに分けられます。

  • 水疱性膿痂疹(すいほうせいのうかしん)

    主に黄色ブドウ球菌が原因となる感染症です。水疱性膿痂疹になると、赤みやかゆみを伴う水ぶくれが発症します。また、水ぶくれ部分が破けてしまうと、ただれの症状も引き起こされます。水ぶくれの中身を触った手でほかの部位を触ると、感染が広がっていきます。

  • 痂皮性膿痂疹(かひせいのうかしん)

    主にA群β溶血性レンサ球菌が原因となる感染症です。痂皮性膿痂疹になると、皮膚に赤みが現れた後に小さな膿のたまった水ぶくれが発症します。水ぶくれが破けることでただれの症状を引き起こし、厚いかさぶたができるのが特徴です。また、のどの痛みや発熱といった症状が現れる場合もあります。

■とびひの予防法

伝染性膿痂疹にかからないようにするには、接触感染の予防を徹底することが大切です。

  • 感染者との接触は避ける

    周りで伝染性膿痂疹を発症している方がいた場合は、極力接触は避けるようにしましょう。タオルや衣類などの共用も、感染する可能性があるため避けるようにしてください。もし、伝染性膿痂疹のような水ぶくれができてしまった場合は、ほかの箇所に移らないよう患部をガーゼで覆い、早めに近くの医療機関を受診しましょう。

  • 手洗い、手指の消毒を心がける

    接触感染を防ぐために、日ごろからこまめな手洗いと手指の消毒を心がけましょう。また、伝染性膿痂疹の原因となる細菌を減らすために、皮膚を清潔に保つことも大切です。

■まとめ

伝染性膿痂疹とは、「黄色ブドウ球菌」や「A群β溶血性レンサ球菌」によって皮膚に水ぶくれができる感染症をいいます。擦り傷や虫刺されといった、皮膚にできた傷から細菌が入り込むことで感染します。細菌が繁殖しやすい夏に流行りやすく、伝染性膿痂疹にかかってしまうとほかの皮膚や、周りの人にも感染が広がりやすいため、今回紹介した予防法を参考に、接触感染対策を徹底しましょう。