健康ガイド

健康コラム

汗をかいた場所に赤いぽつぽつ…、あせも(汗疹)について

あせも(汗疹)とは、大量に汗をかくことで汗を排出する管が詰まり、皮膚の中に汗がたまることで、赤みやかゆみなどの症状が引き起こされることをいいます。今回は、あせもの症状や原因、予防法と対策について紹介します。

■あせも(汗疹)の原因

あせもとは、大量に汗をかくことで汗を排出する管が詰まり、皮膚の中に汗がたまることで引き起こされます。汗をかきやすい夏場や運動をしたときなど、一度に大量の汗をかいたときに発症しやすいです。
あせもは、通常汗の分泌を抑え、皮膚を清潔に保つことで自然に治ります。ただし、あせもでできた湿疹を掻いた時に雑菌が侵入して、新たな炎症を引き起こす場合もあります。

■あせも(汗疹)の症状

あせもは、汗がたまった場所により、大きく3つの種類に分けられます。

  • 水晶様汗疹(すいしょうようかんしん)

    水晶様汗疹とは、皮膚の表面に汗がたまる症状のことです。1~3ミリ程度の透明な水膨れが現れ、赤みやかゆみを伴うことはなく、自然に消えていきます。

  • 紅色汗疹(こうしょくかんしん)

    紅色汗疹とは、皮膚の深層に汗がたまる症状のことです。2ミリ程度の赤いぽつぽつが現れ、強いかゆみがあることが特徴です。

  • 深在性汗疹(しんざいせいかんしん)

    深在性汗疹とは、紅色汗疹を繰り返すことによって真皮内に汗がたまる症状のことです。一般的に深在性汗疹は、主に熱帯の高温環境に長時間いることで発症します。
    赤みやかゆみを伴うことはありませんが、体の広範囲に深在性汗疹ができると体から汗がうまく排出されず体温調節機能が低下し、熱中症になる可能性があります。

■あせも(汗疹)の予防法と対策

あせもの発症を防ぐには、汗をかきすぎないような体温調節と、皮膚の衛生管理を行う必要があります。

  • 汗をかきすぎないよう工夫する

    部屋の室温を調整したり、通気性の良い服を着たりすることで汗を抑えることができます。また、髪の毛がかかる首周りや額などもあせもができやすい箇所です。髪ゴムやピンで髪がかからないようにするなど、日ごろから汗をかきにくくする工夫をしましょう。

  • 皮膚を清潔にする

    汗をかきやすい夏場や運動をした後は、シャワーや市販の汗拭きシートを活用し、皮膚を清潔に保つようにしましょう。汗をかいたままの状態でいると、汗の成分やホコリなどで汗を排出する管が詰まりやすくなってしまいます。

■まとめ

あせも(汗疹)は夏場の暑い場所で過ごしていたり運動後大量に汗をかいたりすることで発症しやすくなります。あせもを防ぐには、汗をかきすぎないような体温調節と、衛生管理が大切です。今回紹介した予防法と対策を参考に、皮膚を清潔に保てるよう心がけましょう。