健康ガイド

健康コラム

なかなか便がでない…、便秘の原因と対策とは?

季節の代わり目、特に夏から秋は便秘になりやすいと知っていましたか?だんだんと気温が低下し、体が冷えて新陳代謝が低下すると、便秘になりやすくなります。今回は便秘の症状や原因、予防と対策について紹介します。

■便秘の原因と症状

便秘は、本来体の外へ排出するべき便を十分量排出できず、残便感がある状態のことをいいます。便秘にはさまざまな原因があります。

~便秘の原因~

  • 排便の我慢
  • 生活習慣の乱れ
  • 緊張や心因性のストレス
  • 食べ過ぎ、水分不足
  • 運動不足
  • 加齢による排出機能の低下
  • 薬の副作用 など

また季節の変わり目は寒暖差に体がついていけず、ストレスを感じやすいことから便秘を引き起こしやすい環境と言えます。特に夏の終わりから秋・冬にかけては体が冷えることで新陳代謝が低下し、胃腸の働きも低下するため、便秘を引き起こしやすい季節です。

ほかにも気温が低下し寒くなると、夏に比べて水分をとる回数も減り、水分不足で便が出にくくなります。また、寒さでなかなか外出をせずに運動を怠ると、腸の動きが鈍くなり十分に排便ができなくなる可能性があります。

■便秘の予防法と対策

便秘の予防と改善には、生活習慣を変えたり、体を冷やさないようにしたりすることが大切です。

  • トイレを我慢しないようにする
  • 食生活を見直し、朝昼晩3食をしっかりととる
  • 食物繊維と水分を十分にとる
  • 適度な運動を行う
  • 生活習慣を整える
  • 体を冷やさないように、ひざかけや腹まきなどを活用する

ただし便秘は、生活習慣や体の冷えによる腸内機能の低下以外にも、薬の副作用やほかの疾患が影響している可能性もあります。
便秘の症状が慢性的に続いている場合は、医師に相談し、便が詰まっている原因を調べるようにしましょう。

■まとめ

便秘とは便が十分量排出されずに残便感がある状態のことです。秋や冬など、気温が低下して新陳代謝が低くなる季節は便秘を引き起こしやすくなります。おなかが張って苦しい時は、大腸の形に沿って「の」の字を描くように優しくなで、排便を促すマッサージを行うと楽になる場合もあります。ただし、服用している薬の副作用やほかの疾患が影響している可能性もあるため、便秘が慢性的に続いている場合は医師に相談するようにしましょう。