健康ガイド

健康コラム

寒い時期に現れる体の不調…原因は冬場の脱水症状かも

運動していないのに喉が渇く、風邪をひいていないのに体がだるくなる…。冬に起きるそんな不調はもしかしたら、「冬場の脱水症状」のサインかもしれません。水分を取らずに暖房の効いた部屋にずっといることで起こりやすくなる、冬場の脱水症状のサインの具体例、脱水の予防法と対策について紹介します。

■冬場の脱水症状の原因

冬場の脱水症状の第一の原因は、空気の乾燥です。通常、体内の水分は発汗や排せつのほか、皮膚からの蒸発によって外に出て行きますが、秋から冬にかけての季節は湿度が低く、皮膚からの水分蒸発量が増えます。そのため、冬場は汗をかいていなくとも体内の水分が失われやすくなります。

また、冬場は夏と比べ喉が渇きにくく、水分の摂取量が全体的に減ることで脱水症状が起きやすくなります。暖房の効いた部屋は通常より湿度が下がり、室内でも知らず知らずのうちに水分が失われる「隠れ脱水」が起きるため、注意が必要です。

この他にも脱水症状の原因の1つとして、体内で最も水分を多く含む組織である筋肉量の減少が挙げられます。高齢者の場合、筋肉の減少や内臓の機能の低下により、若年者よりも脱水症状に陥るリスクが高くなります。

■冬場の脱水症状のサイン

冬場に次のような体の不調がある場合、脱水症状に陥っている可能性があります。

  • 皮膚が渇いてカサカサになる
  • 喉が渇く
  • 口内がネバネバする
  • 体がだるくなる
  • やる気が低下する
  • 尿の色が濃くなる
  • 便秘がちになる
  • 足がつる

脱水症状が悪化すると、立ちくらみや頭痛、吐き気などを催すことがあります。このほかにも、体内の水分が失われると血液濃度が上がり、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる血栓ができる危険もあります。冬場は夏の様に汗をかかないからと言って油断せず、脱水症状のサインを見逃さないようにしましょう。

■冬場の脱水症状の予防法と対策

冬場の脱水症状を予防するために、以下の対策を心がけましょう。

  • 部屋の湿度を一定に保つ

    冬場の脱水症状は室内で起きやすいのが特徴です。冬場は乾燥しすぎないように、加湿器を利用するか、こまめな換気を行い、部屋の湿度を一定に保ちます。室内で快適に過ごせる湿度の目安は40~60%です。

  • こまめな水分補給を行う

    冬場は喉が特別乾いていなくても、2~3時間ごとに水分を補給するようにします。特に高齢者は脱水症状に陥りやすいため「昼食前に1回、夕飯前に1回」など水分を取る時間をあらかじめ決めておくとよいでしょう。また、冬に暖房を付けたまま寝ると、睡眠中に水分が過度に失われる危険があります。寝る前に一杯の水を飲むなどの習慣付けをしておくと、脱水防止に効果的です。

  • 食事でも水分を取る

    脱水を防ぐため、食事でも意識的に水分を多く含む食べ物を取るようにしましょう。朝食にはおかゆやスープ、夕食にはシチュー、デザートやおやつには寒天やゼリー、果物などがおすすめです。

■まとめ

冬場は乾燥に加え、水を飲む頻度が減るため、知らず知らずのうちに脱水症状が起きやすくなります。皮膚が乾燥する、口の中がネバネバする、体がだるくなる、などの体の異変は冬場の脱水症状のサインです。部屋の湿度を一定に保つ、こまめな水分補給を行うなどの対策を意識的に行い、脱水を予防しましょう。