健康ガイド

健康コラム

5月の連休後になんとなく体調が悪い…いわゆる「五月病」かも

「五月病」とは、実際にある医学的な病名でなく、「5月の連休後になんとなく体調が悪い、やる気が出ない」「会社や学校に行きたくなくなる」などの身体的、精神的な不調のことを言います。最初は軽度の不調ですが、五月病が長引くとうつ病になったり、体調不良が悪化して長期の休みが必要になったりするケースもあります。五月病を引き起こす原因や具体的な症状、日頃からできる五月病の予防法を解説します。

■五月病の原因

五月病の原因はストレスです。新しい環境が自分に合わないと感じストレスの負荷がかかることで起きる「適応障害」が五月病の原因となっている場合もあります。

現代社会では多かれ少なかれ誰もがストレスを感じながら生活をしているものの、特に以下の状況にある人はストレスをためやすく五月病になりやすいので注意が必要です。

  • この春から就職・転職した、学校に入学した
  • 周囲の人間関係が変わった
  • 長時間労働が多かった
  • 環境が変わり仕事や家事が忙しくなった
  • 4~5月の間忙しく、生活リズムが崩れた

また、几帳面、完璧主義、責任感が強い、人見知りをするなどの性格の人もストレスを抱えやすく、春になって環境が変わった際に五月病になりやすいと考えられます。

■五月病の症状

五月病の症状として、以下のような体に現れる不調、精神的な不調があります。

体に現れる不調

  • 疲れやすい
  • 頭痛がする
  • 眠れない
  • めまい
  • 胃痛
  • 食欲不振

精神的な不調

  • やる気がおきない
  • 無気力になる
  • 気分が落ち込む
  • 漠然とした不安や焦り
  • 趣味に興味を持てなくなった

疲れやすい、気分が落ち込むなどの軽い症状であっても、不調が長引くと、うつ病になる可能性があります。

■五月病の予防法

五月病を予防するためには、ストレスや疲労をためないための工夫が必要です。「新しい環境に慣れず負担がかかっている」と感じる場合は無理をしてはいけません。以下の方法を意識してストレスを減らすようにしましょう。

  • 趣味に打ち込む時間を作る
    自分の趣味や好きなことに打ち込む時間を意識して作るようにしましょう。趣味に没頭することで、落ち込みや人間関係の悩みなどから距離を置くことができ、ストレスが緩和します。
  • 適度な運動をする
    適度な運動を日常生活に取り入れることで、ストレスで緊張した体をほぐす効果が期待できます。過度に負担がかかる運動は避け、軽いジョギングや自分が好きなスポーツを週末にするなど、「気持ちよく体を動かせた」と思える運動から始めましょう。
  • 十分に休息し睡眠のリズムを整える
    平日の夜更かしや休日の就寝、起床時間の変化は自律神経を乱す原因になります。日中疲れたと思ったらぬるま湯のお風呂に入って早めに寝る、休みの日でも起床時間は一定にする、などを意識して睡眠リズムを整えましょう。
  • 周囲に悩みの相談をする
    悩みを1人で抱え込むと、過度にストレスが溜まります。家族や友人、同僚などの身近な人に悩みを打ち明けることがストレスの発散には有効です。周囲の人と交流する時間を作り、悩みとストレスをためないようにしましょう。

■まとめ

五月病とは、医学的な病名ではなく、5月の連休後に心身の不調として現れる症状の総称です。新しい環境に慣れない、生活リズムの崩れなどによるストレスが原因で、長引くとうつ病となり治療が必要になるケースもあります。「几帳面」「人見知りをする」「完璧主義」などの性格の人は特に五月病になるリスクが高いため、思い当たる人は、今回紹介したストレスをためない工夫を実践してみて下さい。