健康ガイド

健康コラム

実は危険?…暑さに慣れないうちになりやすい、初夏の熱中症について

真夏のイメージが強い熱中症ですが、実は、初夏にも熱中症になる危険があります。初夏に熱中症に注意しなければならない理由や、予防のポイントを紹介します。

■熱中症の症状とは?

熱中症とは、体温調節の機能が十分に働かなかったり、体内の水分・塩分のバランスが崩れたりすることで発症する健康障害の総称です。日射病、熱失神、熱疲労、熱けいれんなどと呼ばれる症状も熱中症に含まれます。

以下のような症状が現れたら熱中症を疑いましょう。

  • 手足のしびれ
  • めまい
  • 気分が悪くなる
  • 吐き気
  • 頭痛
  • 体がだるくなる

このほか、熱中症が進行すると意識障害やけいれんなどが起きることがあり、最悪死に至る場合があります。初期症状が現れる前、現れてからすぐの対応が大切なのはこのためです。

■初夏の熱中症が危険な理由

梅雨時期の晴れの日や初夏は、まだ体が夏の暑さに慣れていません。急に気温が上がると上手く汗をかけず、体温調節が十分できないため、熱中症が起きやすくなります。また、必ずしも毎日気温が高くない初夏の時期は真夏の様に意識して水分補給をしない傾向があるため、発汗による体温調節が十分できない場合があります。そのため、初夏の気温が高い日や日差しの強い日、湿度が高い日などは知らず知らずのうちに熱中症になってしまう危険があるのです。

体温調節機能が弱い高齢者や子供は特に初夏の熱中症になりやすいため、「まだ真夏の様に気温が高くないから」、と油断せず対策を取る必要があります。

■熱中症の予防ポイント

初夏の熱中症を予防するためのポイントを紹介します。

  • 熱中症が起きやすい日を知る
    熱中症の予防のためにまずは、初夏に熱中症になりやすい日の特徴を把握しておきましょう。
    • 気温が高い日
    • 暑くなり始めの日
    • 湿度が高い日
    • 風が弱い日
    • 日差しが強い日
    • 熱帯夜の翌日
    • 急に暑くなった日
  • 日頃からできる熱中症予防
    熱中症になりやすい日は薄着し、意識して水分補給をするようにしましょう。このほか、初夏の熱中症予防には、日頃から汗をかく習慣を付けることが有効です。気温が高くない日には、軽いウォーキングをする、ひと駅歩いて帰る、などの軽い運動や、半身浴などを意識して生活の中に取り入れましょう。

■まとめ

初夏はまだ体が暑さに慣れていないため、体温調節機能が上手く働かず、予期せぬ熱中症が起こりやすい時期です。急に熱くなった日や日差しが強い日など、熱中症になりやすい日は意識して熱中症予防の対策を取りましょう。また、日頃から汗をかく習慣を付けることで、急な熱中症を防ぐ効果が期待できます。本格的な夏が始まる前から、熱中症に備えておきましょう。

〈参考資料〉