健康ガイド

健康コラム

夏こそ気を付けたい…水分補給と脳・心筋梗塞予防の関係

冬場に起きやすいと言われている脳梗塞や心筋梗塞ですが、実は夏場も発症件数が多い病気です。発症リスクが高いと言われている基礎疾患がある人や高齢者の方は、夏場の水分補給の方法に気を付けることが発症予防につながります。今回は、水分補給と脳・心筋梗塞予防の関係と、夏の水分補給のポイントを解説します。

■脳・心筋梗塞の症状

脳梗塞は、体内の血流が悪くなり脳の血管が詰まることで引き起こされます。心筋梗塞も同じで、血流の悪化で心臓に血液を供給するための血管である冠動脈が詰まることで発症します。脳梗塞、心筋梗塞が起きた場合に現れる症状は以下のとおりです。

脳梗塞 手足がしびれる、手足が動かなくなる、物が二重に見える、上手くしゃべれなくなる など
心筋梗塞 強い胸の痛み、胸が押しつぶされる感覚、冷や汗、吐き気、嘔吐

■水分補給と脳・心筋梗塞予防の関係

冬場は寒暖差による血管の収縮により脳梗塞・心筋梗塞の発症リスクが高まります。一方、夏場は汗をかくことで体内の水分が減り、全身を巡る血液の濃度が高くなります。水分が少ない濃い血液は体に行き渡りにくいため血流が悪化し、血管が詰まりやすくなるのです。

このように、夏場は熱中症の対策とともに、血流悪化の対策として適切な水分補給を心がける必要があります。また、脱水症状による脳梗塞・心筋梗塞は真夏の暑い日だけでなく、初夏やなどの季節の変わり目についつい水分補給を怠ることが原因で起きるケースも少なくありません。初夏から秋頃にかけては、日頃からこまめな水分補給の習慣を付けることが大切です。

■夏場の水分補給ポイント

夏場は、汗をかいた後はもちろん、特別に汗をかいていないときでも皮膚から水分が自然に蒸発して脱水になることがあります。その対策として必要なのが、こまめな水分補給を意識的に行うことです。

また、熱帯夜が多い日本の夏は就寝中にたくさん汗をかき、朝起きたときに脱水により血流が悪化しているというケースも珍しくありません。そのため、就寝前には喉が渇いていなくてもかならず水を一杯飲むようにしましょう。起床時も、食事の前やトイレの後などに水を一杯飲むようにすると脳梗塞・心筋梗塞の予防につながります。

ただし、カフェインが含まれているコーヒーや紅茶などを飲むと利尿作用によって脱水が起きてしまう場合もあります。ビールなどのアルコールにも利尿作用があり、血管を収縮させる効果があるので脳梗塞・心筋梗塞予防のための水分補給には向いていません。

また、外出するときは、水筒に水や麦茶などを入れて、汗をかく前に水分補給をできるようにしましょう。

■まとめ

夏場は汗をかくことで血液中の水分が失われ血流が悪くなりがちです。これにより、血管が詰まり脳梗塞・心筋梗塞の発症リスクが高まります。汗をかく前、喉が渇く前にこまめに水分補給をする習慣を付けることで、これら病気のリスクを減らすことにつながります。今回紹介した水分補給のポイントを参考に、暑い夏の季節を健康に過ごしましょう。