健康ガイド

健康コラム

浴室内熱中症に要注意

寒い冬の季節は、お風呂にゆっくり浸かって身体を温めたいですよね。しかし、高温での入浴や長湯は浴室内熱中症になり、失神や痙攣を引き起こす危険があるため、入浴方法には注意が必要です。

今回は、冬のお風呂を安全に楽しむために知っておきたい、浴室内熱中症のリスクや予防方法を紹介します。

■浴室内熱中症とは

浴室内熱中症とは、長時間の入浴によって体温が上がって血管が広がり、血圧が低下することによって起きる体調不良です。最近では、血圧の上下によって心臓に負担がかかって心筋梗塞や脳卒中を引き起こす「ヒートショック」と並び、冬場に起こる入浴関連事故の主な原因となっています。

高齢者は特に浴室内熱中症に注意が必要です。高齢になると皮膚感覚が鈍くなり、暑さや寒さを感じにくくなります。そのため、浴槽内でのぼせても自らの体調の変化に気づけず、危険な状態になるまで長風呂をしてしまうのです。

■浴室内熱中症のリスク

高温での入浴や長湯によって体温が38℃を超えてしまうと、軽度の熱中症になってめまいやふらつきなどの症状が出始めます。この状態で急に立ち上がろうとして、浴室内での転倒事故につながるケースもあるため注意が必要です。

体温が40℃を超えてしまうと、失神や痙攣といった重度の熱中症の症状が現れて意識を失うことがあります。意識を失った際に倒れて浴槽のお湯に顔が浸かってしまうと、溺死につながりかねません。さらに42.5℃を超えれば心室細動などの不整脈が起こり、突然死するリスクが高まります。

■浴室内熱中症を予防する入浴方法

浴室内熱中症にならないために、入浴前後はコップ一杯分の水・スポーツドリンクを飲んで水分をしっかり補給しましょう。また入浴中は、体温が上がりすぎないように以下のような工夫をすることが大切です。

  • 入浴時間は10分以内に収める
  • 風呂の温度は41℃以下のぬるめに設定する
  • 換気扇をつけたり窓を開けたりして浴室内を換気し、高温多湿を避ける

■まとめ

浴室内熱中症は、熱いお風呂に入りたくなる冬場に特に注意が必要です。今回紹介した予防方法を実践して、安全に楽しく入浴しましょう。