健康ガイド

健康コラム

納豆を食べて血栓予防!

1月20日は「血栓予防の日」。これは20=ツマルという語呂合わせから来たもので、脳梗塞などの病気を引き起こす血栓を予防するために制定されました。
血栓予防で重要なのは、血液をサラサラにすること。今回はそれに役立つ食品のひとつ、納豆のお話です。

ドロドロ血液は血栓ができやすい

血栓とは、いわゆる血液の塊。血管が傷付くと作られるもので、血管内の傷を塞ぐかさぶたの役割を果たします。傷が治ればかさぶたが剥がれるように、血栓も自然に溶けてなくなるのが一般的です。
しかしストレスや不摂生で血液がドロドロになると、血栓が溶けにくくなります。血栓を放置すると次第に血流が滞り、脳梗塞や心筋梗塞を引き起こすことも。
血栓予防では、血液をサラサラにすることが大切です。

納豆が血液をサラサラにする

血栓予防に効果的なのが、納豆に含まれる「ナットウキナーゼ」という成分。これには血栓を溶かし、血液をサラサラにする作用があります。
量の目安は1日1パック。タイミングは夕食時に食べるのがお勧めです。なぜなら夜は1日の中でも血栓ができやすい時間帯といわれています。これは、睡眠中に水分が不足し、血液がドロドロになりやすいことが理由です。

その他にもある、納豆の健康効果

納豆を食べることで得られるメリットは他にもあります。
納豆の原料となる大豆は食物繊維が豊富なので、便秘の予防になります。また、良質なカルシウムとタンパク質もたっぷりと含まれているため、骨粗しょう症の予防にも最適。さらに生活習慣病の原因となる血中コレステロールの値を抑える効果があり、動脈硬化の予防にも役立ちます。

まとめ

1日1パックの納豆が、脳梗塞や心筋梗塞の予防となります。
また、血栓予防の日から1ヶ月間は「血栓予防月間」とされています。普段は納豆を食べない方も、この機会に食事に取り入れてみてはいかがでしょうか。