健康ガイド

健康コラム

ヘッドフォン・イヤホン難聴とは? 症状や予防方法を解説

ヘッドフォンやイヤホンの普及に伴い、ヘッドフォン・イヤホン難聴と呼ばれる聴覚障害が現代社会で増加しています。この難聴は、習慣的にヘッドフォン・イヤホンを使用することが原因で、自覚がないまま発症することが珍しくありません。本コラムでは、ヘッドフォン・イヤホン難聴の基本的な知識や症状、予防方法について詳しく解説します。

ヘッドフォン・イヤホン難聴とは

ヘッドフォン・イヤホン難聴は、ヘッドフォンやイヤホンを大音量で長時間使用することによって引き起こされる聴覚障害です。この障害は、徐々に聴力が低下していくため、自分では気づきにくいのが特徴です。重症化すると、聴力の回復が困難になることもあります。

ヘッドフォン・イヤホン難聴の原因は、耳の中にある有毛細胞が徐々に壊れてしまうことです。有毛細胞は、耳から入った音を振動から電気信号に変換し、脳に伝える役割を果たしています。85デシベル以上の音量で音を聞き続けると、これらの細胞が時間とともにダメージを受けてしまい、難聴を引き起こします。

ヘッドフォン・イヤホン難聴の症状

ヘッドフォン・イヤホン難聴の方には、以下のような特徴が見られます。自分にも当てはまるものはないか確認してみましょう。これらの特徴に当てはまっているのであれば、ヘッドフォン・イヤホン難聴である可能性があります。

  • 何時間も耳鳴りがする
  • 耳がつまったような感じが長時間続く
  • 高音が聞き取りにくい
  • 前まで聞き取れていた会話が聞き取れなくなった

ヘッドフォン・イヤホン難聴にならないための予防方法

ヘッドフォン、イヤホン難聴にならないための予防方法は以下です。一度失った聴力の回復は難しいため、日々の生活でこれらの予防方法を意識して行動し、ヘッドフォン・イヤホン難聴にならないよう気をつけましょう。

  • ヘッドフォン・イヤホンの使用を1日1時間未満にする
  • 最大でも65db程度の音量で聴く
  • 休憩を適度に挟みながら聴く
  • ノイズキャンセリング機能付きのイヤホンを選ぶ

まとめ

ヘッドフォン・イヤホン難聴は、現代生活における身近な病気です。音楽や動画・ラジオなどを楽しむ際に、ヘッドフォンやイヤホンを使いすぎないようにしましょう。もし最近、耳の聞こえが悪くなっている、耳鳴りが頻繁に起こっている場合は、早めに医療機関を受診することが大切です。