健康ガイド

健康コラム

顎関節症とは? 自然に治る? 原因や予防法・治療法について解説

顎関節症は、その名前の通り、顎の関節や筋肉に関する病気です。原因となっている悪い生活習慣を続けてしまうと、痛みや違和感が慢性化してしまうかもしれません。このコラムでは、顎関節症の原因と予防法・治療法について詳しく解説します。

顎関節症とは

顎関節症とは、「口を開けると顎が痛い(開口時痛)」「十分に口が開かない(開口障害)」「顎を動かすと音がする(顎関節雑音)」などの症状が現れる顎の疾患です。これらの症状のほかにも、かみ合わせのズレが体全体の筋肉や骨のゆがみを引き起こすことで、頭痛や腰痛、肩こり、めまい、耳鳴り、眼精疲労、手足のしびれなどの症状が出る場合もあります。

顎関節症には、症状を引き起こす原因によって4つの種類に分けられ、それぞれ以下のような症状が現れるのが特徴です。

Ⅰ型:筋肉の障害…口を動かしたり咀嚼したりするために重要な筋肉に炎症が起こるもの
症状:偏頭痛、頬のだるさ、顔のゆがみ

Ⅱ型:関節包・靭帯の障害…顎関節を覆っている関節包・靭帯といった骨以外の組織がねんざのような状態になり、傷んでしまうもの
症状:口を開けたときの痛み、耳の痛み

Ⅲ型:関節円板の障害…口の開閉時にクッションの役割を持つ関節円板がずれて起こるもの
症状:口が大きく開かなくなる

Ⅳ型:骨の変形…顎関節症の長期化や加齢によって軟骨が薄くなり、骨が変形していくもの 症状:口を開けたときの痛み・引っ掛かり、ザラザラ音

顎関節症の原因

顎関節症の原因は一つではなく、小さな要因が多数集まって症状を引き起こしています。要因は、顎関節・筋肉の構造的弱さや、かみ合わせの悪さ、外傷やストレスなどさまざまです。

そんな多数の要因の中でも、TCHと呼ばれる食いしばりや歯ぎしりが、顎関節症の原因のほとんどである、と言われています。緊張を強いられる仕事の際や、猫背や頬杖のような姿勢でスマホやタブレット、PCの画面を見る際に、無意識に歯を食いしばってしまうことがあるでしょう。これらにより、顎関節や咀嚼筋に負担がかかり、顎関節症を引き起こします。

顎関節症の予防法・治療法

顎関節症の症状改善の第一歩はセルフケアであり、ほとんどの人がセルフケアで良くなると言われています。顎の付け根を、指先でゆっくり押し回すようにマッサージしたり、蒸しタオルを当てたりなど、セルフケアを積極的に行いましょう。

また、普段の生活で行いがちな以下のような行為は、歯を食いしばったり、顎に負担をかけたりすることで顎関節症を引き起こす原因になります。無意識に行っていないか、日常生活を見直してみましょう。

  • 大きく口をあけてあくびする、笑う
  • 頬杖をつく
  • 左右どちらかの歯に偏って咀嚼する
  • 長時間に渡ってガムを噛む
  • うつ伏せで寝る

まとめ

顎関節症の発症や経過には生活習慣が深く関わっています。無意識に行ってしまっている行動の見直しから始め、痛みがなかなかおさまらなかったり、口が開かない状態が続いたりしたときは、医療機関を受診しましょう。