ワーク・ライフ・バランスへの取り組み

ワーク・ライフ・バランスとは

仕事 Work ⇔ 生活 Life

ワーク・ライフ・バランス(以下、WLB)とは、仕事と生活の調和が取れた状態のことです。
労働は生活の糧を得るために必要不可欠のものですが、近年では仕事に忙殺されて心身の健康を崩してしまう方が増加し、問題視されてきました。
こうした背景から、職場で個々人がWLBを実現し、充実した日々を送れるようにするための取り組みが広がっています。

当院での取り組み

日本看護協会のバックアップのもと、仕事と生活の調和を図り「安心して働き続けられる職場環境作り」を目指した活動を行っています。
看護部のみならず院内全体でのWLB実現に向けて、さまざまな部門のスタッフが一丸となって取り組んでいるのが特徴です。より充実した活動を実施ために、宮城県看護協会が主催している「WLBワークショップ」への参加も行っています。
また、スタッフによるWLB推進委員会を結成し、院内全体での情報共有にも努めています。

広報誌「Are You Happy?」

WLB推進委員会による院内向け広報誌、「Are You Happy?」のバックナンバーです。
病院内外での活動内容をご紹介しています。

バックナンバーはこちら
  • お問い合わせフォーム
  • 各種お申込みフォーム