看護部長からのメッセージ

幅広い看護に取り組み、常により環境を追求します 真壁病院 看護部長 武田 幸子

「地域の皆様に愛され、必要とされる施設」を目指し、東松島市を中心に医療・福祉に従事しております。当院の役割として、急性期治療から慢性期治療、他施設と連携した在宅治療のバックアップまで、幅広いケアを担っています。地域包括ケアの取り組みが推進される状況の中、地域の皆様に安心してご利用いただける施設として、日々努力しております。

「看護師が安心して働ける環境を整えることで、看護の質が向上し、患者様により良いケアを提供できる」

こうした考えから現状に甘んじることなく、常により良い関わりを追求しています。
WLBにも取り組み24時間保育や就業規則の見直し等、現場の業務改善にも他職種を交え広く活動をしております。

院内のみならず他施設との連携を図り、広く地域に溶け込む施設作りを目指して、今後もさまざまな体制を強化してまいります。

また、「物事のヒントや気づきは現場にあり」をモットーに、現場の声を大切に受け止め、スタッフ同士、気軽にやり取りできる環境づくりを心がけています。部門内はもちろん、部門間や職種間でも意見交換が盛んです。各職種が参加する委員会では、スタッフ主導で提案や協議が行われ、感染対策や安全管理などさまざまな面での改善がなされています。

各病棟はケアミックスで多様な疾患に対応しています。
看護師、准看護師の皆さん!当院ではいろいろな分野の勉強ができます。さまざまな体験をすることで視野の広い看護を身につけることができます。教育体制としてはまだまだ不備な事も多い状況ですが、個人の時間を利用して学習できるE-ラーニングを導入するなど、学ぶことには協力的な施設です。
「一人をみんなで育てる体制」でしっかり支えていきます。やる気があれば大丈夫!!
広く学べる環境をぜひ掴んでください。皆さんと時間を共有できる日を楽しみにしております。

理念・方針

【理念】患者様の生命及び人権を第一に、誠実で質の高い看護を実践します。【方針01】患者様のニーズを的確に捉え、安心感・満足感とともに信頼される看護に努めます。【方針02】専門職業人として主体的に学び、人間的成長と看護の実践能力の向上を目指します。【方針03】 医療チームの一員としての役割と責任を果たし、地域及び多職種との連携を深めます。【方針04】 業務改善を推進するとともに経済効率の向上を目指します。
  • お問い合わせフォーム
  • 各種お申込みフォーム