部門紹介

当院では、外来、一般病棟、西病棟A、西病棟Bの部門体制で、急性期から療養、在宅支援までの幅広い看護に対応しています。

部門マップ

一般病棟(本館2・3F)外来 正面玄関 管理棟 南棟 西病棟A 正面入口 西病棟B 外来 一般病棟(本館2・3F) 西病棟A 西病棟B 透析センター(1F)

外来

ご来院の患者様に笑顔で対応

地域医療の窓口として様々な医療・看護を提供しています。
内科・外科全般、整形、小児等、5つの診察ブースのほか、救急・処置室・内視鏡検査室・超音波検査室の業務も担当です。
多くの診療科を担当し、仕事内容も多岐にわたる中で、来院される皆様に安心して診療や検査を受けていただけるよう、笑顔での対応を心がけております。
また、訪問診療と訪問看護の提供も行っており、在宅の患者様が安心して毎日を過ごせるよう支援しています。

外来部門情報

診療科数 13科目

ページの先頭へ戻る

一般病棟

多領域にわたる疾患にチームワークで対応

一般病棟では、急性期から慢性期までの様々な診療科の患者様を受け入れており、手術適応からターミナルまで幅広い看護に従事しています。
病棟は多領域の疾患に関わるケアミックスです。そのため、個々の専門知識や経験を活かしつつ「チームワークで看護力の成果を出しながら、看護を深めていこう」と日々努力しています。患者様が安心して入院治療を受けられ、笑顔で退院されるよう、明るく、笑顔で、元気よく接することを心がけております。
ご退院時には、患者様・ご家族様が安心して退院できるよう、地域医療連携室を通じて退院支援に努めています。

一般病棟情報

病床数 53床

ページの先頭へ戻る

西病棟A

コミュニケーションを大切に、療養環境の充実に邁進

西病棟Aは医療保険型の療養病棟です。慢性的な内科疾患のほか、消化器外科と整形外科の術後のリハビリテーション、慢性期維持透析などの患者様のお世話をしております。患者様とご家族の関わりを大切にし、患者様が安心して療養生活を送れるよう、環境の整備、精神面のケアや苦痛の緩和に努めています。またリハビリテーション室、地域医療連携室と協力し、患者様に合わせた退院支援も行っています。
地域の皆様に必要とされる施設であり続けるため、患者様の立場に立った看護ケアを心がけております。

西病棟A情報

病床数 58床

ページの先頭へ戻る

西病棟B(2F)

慢性維持透析を中心に、安心の療養医療を提供

西病棟Bは1階の透析センターとともに、2014年7月をもって南棟から新棟へ引越し、ベッド数も増床となりました。
以前の病棟と同様に、透析治療を受けている患者様のほか、リハビリが必要な患者様もいらっしゃいます。高齢の患者様が多いこともあり、日常生活動作(ADL)の低下防止や栄養状態の改善などに、多職種と連携しながら取り組んでいます。
今後も患者様に安心して療養していただき、透析治療を受けていただけるよう、スタッフ一丸となり頑張っていきたいと思います。

西病棟B(2F)情報

病床数 41床

ページの先頭へ戻る

透析センター(1F)

多職種連携の透析治療体制

透析室は2014年7月より、南棟とともに新棟へ引越し、ベッド数を増床し、透析センターとして新たなスタートを切りました。
患者様の日常生活動作(ADL)の向上を目指して、今まで以上に理学療法士との連携を強化し透析中のリハビリに力を入れています。
また、入院中は合併症の治療を行いながらの透析となるため、各部署と協力しながら業務にあたっております。
今後も各病棟・多職種と連携をとりながら、患者様が安心して透析治療を受けられるよう尽力してまいります。

透析センター(1F)情報

病床数 透析病床40床(OnlineHDF、I-HDF、各20床対応)

ページの先頭へ戻る

  • お問い合わせフォーム
  • 各種お申込みフォーム