石本 渚(西病棟B 看護師)

意見を交わせる職場で、よりよい看護の提供に努めます 西病棟B 看護師 石本 渚

仕事面・生活面で多くのアドバイスをいただきました

真壁病院で働き始めて1年目です。以前は他県の大学病院の急性期病棟で4年間勤務していましたが、引っ越しに伴いこちらの病院で働かせていただくことになりました。

私は今、透析患者さんの多い療養病棟に勤務しています。働き始めた頃は、初めての慢性期病棟ということもあり、慣れないことばかりで戸惑うことが多かったです。看護の手技だけでなく患者さん、ご家族への対応の仕方も今まで経験したものとは違いました。医療機器ひとつとっても、これまで使用してきたものとは違うため使用方法が分からず、初めのうちは大変でした。

そんな中で、スタッフの皆さんはひとつひとつ丁寧に指導してくださいました。医療機器などに関してはMEさんから2日間に分けて教えていただき、理解することができました。そのおかげで、少しずつ仕事もスムーズにできるようになってきました。
また、引っ越したばかりで土地勘がなかったのですが、地域のことなど、生活面に関しても休憩時間に沢山のアドバイスや情報をいただきました。

これからは、自分も積極的に意見などを言うようにして、よりよい看護の提供に努めていきたいと思います。

看護師・介護士が連携できる職場

こちらの病院に来て初めて経験したことがもう一つあります。それは、同じ病棟で看護師と介護士さんが協力して働いているという環境です。看護師だけの見方でなく、介護士さんから見た意見も聞くことができるので、いろいろと勉強になることが多いです。介護士さんの持っている情報も聞きながら仕事をすると意見や見方が偏らないため、とても良いことだと感じました。
まだ新しい環境に慣れてきたばかりですが、透析患者さん・そのほかの疾患の患者さんについて、日々、一生懸命勉強していこうと思います。

  • お問い合わせフォーム
  • 各種お申込みフォーム