スタッフブログ

消防避難訓練を実施しました!(平成26年度前期)

2014.08.07

7月31日、今年度最初の消防避難訓練を実施しました。

想定出火場所は、西病棟Aの2階ホール。
今回初めての試みとして、先日できたばかりの新病棟へ、
連絡通路を通っての避難も行われます。

会議室で説明と訓示があり、役割ごとに分かれてビブスを着用。

今回は、患者役、看護師役など大まかな分担はあるものの、
「誰がどこの患者さんをどう避難させる」といった細かい点は決まっていません。
そのため、より現場スタッフの判断力が求められる訓練になっています。

それぞれ所定の位置につき、訓練開始を待ちます。
この間、避難の方法について確認する様子も見られました。
そうこうしているうちに非常ベルが鳴り、いよいよ訓練スタート!

火元近くのスタッフが出火場所を確認。
大きな声で「火事だ~!」と出火を伝えます。

近くのスタッフが手分けして患者さんのもとへ行き、声をかけます。
「落ち着いてください」
「すぐに避難の誘導がありますので、それまで動かないでください」

出火場所では第一発見者による消火作業が。
非常時にはスピードが命運を分けます。

すぐさま、患者さんの避難も開始。
自力で歩ける方、車椅子の方など、患者さんに合わせた誘導・搬送が行われます。

火元が病棟の中央付近のため、
新病棟に近い病室の患者さんは、連絡通路を通って新病棟へ。

反対側の病室の患者さんは、階段を通って1階から外へ移送されます。

連絡を受けて、1階からも続々と応援のスタッフが。

シーツで搬送されていた患者さんも、無事に外まで脱出しました。

出火から計4分ほどで、すべての避難が完了。
消防署員の方いわく、そこそこ速いペースで、
スタッフ一人ひとりが大きい声を出していた点が良かったとのことでした。

避難完了後は場所を移動して、水消火器を使った消火訓練です。

まずは消防署の方から、消火器の使い方について説明がありました。

消火器を使う際のポイントは3つ
(1) 黄色いピンを引き抜く
(2) ホースを持つ
(3) レバーを握る

スタッフを代表して10名ほど、順に消火作業を行います。

消火器を使う前に「火事だ~! 火事だ~!」と叫ぶのですが、
このときも一人ひとり、がんばって声を張り上げていました。

非常ベルが鳴った時点から30分経たないうちに、すべての訓練が完了。
実にスピード感のある避難訓練となりました。

最後に消防署の方から、
火災発生時の対応についていくつかアドバイスをいただきました。

★ ポイント1:火元確認時に消火器を持っていく
非常ベルが鳴った際、火元を確認してから消火器を取りに行くと、その分だけ時間をロスしてしまいます。初期消火は早いほうがよいので、消火器を持って火元確認に行きましょう。

★ ポイント2: 消火器を使う際は逃げ道を確保する
本物の消火器は水ではなく、粉末の消火剤を噴射するため、使用後は視界が悪くなりがちです。逃げ道を自分の背中側におき、消火後はすぐ逃げられるようにしましょう。

★ ポイント3: 避難時は早めに扉を閉める
病院は耐火構造になっているため、比較的燃えづらいですが、怖いのは火よりも煙です。煙の蔓延を防ぐため、避難時に火元近くのドアや防火扉はできるだけ早く閉めましょう。

火事は起こさないのが大前提ですが、
万が一の際にも対処できるようにするため、
こうした心構えは忘れないようにしたいものです。

 

 

透析センター、西病棟Bがオープンしました!

2014.07.30

去る7月2日、いよいよ新しい病棟がオープンしました!

1階は透析40床の「透析センター」、2階は療養型病床41床の「西病棟B」になっています。

新病棟の開設に合わせて、これまでの西病棟は「西病棟A」になりました。

 

建物外観。西病棟Aとは2階の連絡通路で繋がっています。

 

ベッドがずらりと並ぶ新透析室。40床中20床はオンラインHDF対応です。

 

2階のデイルームは光がたくさん入る暖かな場所です。

 

西病棟Bの4床室。プライバシーへの配慮からパーティションを設置しています。

 

病室は部屋ごとに内装が異なるデザインになっています。

 

今後も患者様に安心して治療を受けていただけるように、スタッフ一丸となって取り組んでまいります。

新病棟、内覧会開催!

2014.06.30

去る6月22日、真壁病院にて新病棟の内覧会を行いました。

午前10時より多数のご来賓の方々がお見えになり、新しい透析センターや病棟を見学されました。皆様、口々に「広いですね」「きれいですね」と仰って、感心されたご様子でした。午後からは来賓数が少なくなったものの、合計で34事業所、65名の方がいらっしゃいました。

 

1階、待合室で受付をしました。

 

通路にはいただいたお花がずらりと並び、
2階のステーションも胡蝶蘭でいっぱいになっていました。

 

2階、療養病棟の通路。ゆったりとしたスペースです。

 

1階、透析センター。ご来賓の方々も強い関心を示されていました。

 

透析室について、技師から説明をしました。

 

内覧会に先駆けて、3日間にわたり職員にも公開しました。新しい病棟を羨む声が聞こえ、中には「南病棟より先にここへ引っ越しちゃおうか」と冗談を言うスタッフも。

 

当日、お手伝いをされたスタッフの皆さん、お疲れ様でした。

新透析病棟、工事進行中! その5

2014.05.07

昨年より建設が続いてきた新透析病棟ですが、いよいよ外観が見えてきました。

徐々にシートや足場が外されアイボリーの外壁が見え、ガラスもはめ込まれました。屋上は丹念に防水処理が施され、エアコンの室外機が設置されました。内部作業も進んでおり、部屋らしくなってきています。

 

3月25日。長く外観を覆っていたシートや足場が撤去されてゆきます。

 

屋上は防水処理中。塗装し、アスファルトルーフィングを貼っています。

 

4月7日時点での外観。正面入口通路が封鎖され、西病棟との間にかかる2階連絡通路の作業に入りました。かなり大掛かりになるようです。

 

エアコンの室外機を設置中。アスファルトはバーナーで溶かして接着します。

 

4月18日。クレーン車で鉄骨が搬入され、通路の骨組みが出来ました。

 

4月23日。足場が組まれ、屋根や床、外壁などの作業に移行しています。

 

屋上の作業は、ほぼ終了のようです。

 

現在も連絡通路の作業中であるため、病院入口へは北側の迂回路を通行していただいております。この作業は5月末まで続きます。

引き続き、皆様のご協力をお願いいたします。

多様なユニフォームへ衣替え!

2014.04.17

平成25年11月より、当院看護部のユニフォームが変わりました。

仕事に対するモチベーションを高め、意欲的・機能的に看護ケアに関われるよう、

それぞれ自分で選んだユニフォームを着用しております。
 

私たちは今後も、「やさしさとおもいやり」、そしてとびきりの「笑顔」で看護を提供していきます。

ステキなユニフォームを着て、一緒に楽しく働きませんか?

ぜひお待ちしております。

新透析病棟、工事進行中! その4

2014.04.11

年が明けてからは、新透析病棟の工事もいよいよ佳境に入りました。

 

1月中は、1階に続いて2階部分の作業が行われていました。

 

写真は1月下旬の屋上部分。

この下の2階フロアには、型枠を支えるための支柱が無数に設置されています。

 

2月初旬には、屋上部分へコンクリートが流し込まれました。

この後数日で、残り半面も流し込みが完了。

 

2月中旬には、屋上部もだいぶ建物らしくなりました。

 

これ以降は、主に内部や外壁の作業が進められることに。

特別に内部を撮影させてもらいました。

1階、玄関ホールから玄関側を撮影。右奥には道路側へ向かうスロープがあります。

 

こちらはエレベーターホール。

 

臨床工学室とME機器管理室になるスペース。後に壁で仕切られます。

 

最後に透析室、処置コーナー側より撮影。

中央の柱付近に、カウンターが設置される予定です。

 

 

撮影にご協力くださった建設会社の皆さん、ありがとうございました。

 

いよいよ完成が近づいてきた新病棟。スタッフ一同、期待感でいっぱいです!

新透析病棟、工事進行中! その3

2014.04.04

引き続き建設中の、新透析病棟。

2013年の10月末には基礎工事が終わり、1階部分の建設作業が始まりました。

 

鉄筋が組まれ、木の型枠がはめ込まれて、順次コンクリートが流し込まれていきます。

 

鉄筋が徐々に高く伸びていきます。

 

別の角度から見ると、作業用の足場も組まれているのがよく分かります。

 

足場はすごいペースで組まれていき、わずか数日で2階分の高さに。

 

11月中旬からは、足場がネットで覆われて見づらくなってしまいましたが、

内部では着々と作業が進められていました。

 

12月中旬。

2階の床部分ができたもよう。2階部分の柱の鉄筋を組んでいる様子が見られました。

 

12月下旬には足場がより高く組まれ、灰色のシートが被せられてさらに見づらくなってしまいました。

 

写真では見えませんが、1階部分の木枠が少しずつ外され、コンクリートの外壁が見えていました。

この後、一般病棟の屋上に移動して再度撮影。

2階部分の柱や、外壁の木枠ができつつあるようです。

 

だいぶ形になってきた新病棟。完成が待ち遠しくて仕方ありません。

准看護学校の講師を経験して

2014.02.21

 

寒中お見舞い申し上げます。主任の阿部敦子です。

年が明けて、はや2カ月が経とうとしています。皆様いかがお過ごしでしょうか?

 

私は昨年9月より、石巻医師会附属准看護学校の講師として、第61回生の老年看護を17時間担当させていただきました。講師として過ごした日々は、私にとってとても学びの多いものでした。

 

初めて授業を行った日、私は「心臓が口から出そうになる」という言葉の意味を実感しました。教壇に立ったときには、「学生さんに鼓動が聞こえているのでは?」と思いながら、不安な気持ちで周りを見渡しました。学生さんの表情から「どんな先生?」という不安気な様子が伝わってきたことを、今でも覚えています。

 

現場では病院主任、学校では講師。2つの立場にある私は、「『看護の楽しさ』をどう伝え、どう教えたら良いのか?」という難しさに押しつぶされそうになったことがありました。

 

そんなとき、あることがきっかけで、このプレッシャーから解放されることができました。

当院で働きながら同校へ通っている学生さんが、「授業、楽しみにしています!」と声をかけてくれたのです。

このときから私は、「すべてが伝わらなくても、自分が一番この時間を楽しみ、看護の楽しさを伝えよう!」と前向きに考えられるようになりました。

 

私がうまく伝えられないときでも、学生さんはなんとか場を盛り上げようと、さまざまな関わりをしてくれて、その行動に何度も救われました。

 

休み時間になると、おでんを食べている子がいたり、寝ている子がいたり。

みんなの素顔を見ながら、「どんな看護師になるのかな」「私もこんな時を過ごしてきたな」と新鮮な気持ちを思い出していました。

 

私の学生時代を振り返ると、決して成績優秀とは言えず、下から数える方が早いものでしたが、恩師よりいただいたある言葉が心の中にずっと残っています。

「患者さん・人との出逢いに立ち止まり、考え、悩み、人は変われ、成長できる」

実習中、患者さんとの出逢いの中でいただいた言葉でした。

 

患者さんを中心に、どんな状況でも決して諦めず、善の医療・看護を提供しようとする仲間や上司がいる環境。そうした環境が、今にいたる私自身の成長に力を貸してくれたのだと思います。

 

授業最終日は、これまでの自身を振り返りながら、学生のみなさんとの最後の時間が過ぎていくことに寂しくなりました。その反面、昔の自分が抱いた気持ちをみなさんの姿に重ね合わせることで、忘れかけていた、看護師として一番大切なことに、もう一度気づくことができました。

 

 

みなさんに出逢えたことが私の宝物です。

私は、みなさんとの出逢いから得た「看護師を志した気持ちを日々忘れずに」という気持ちを、今年の目標にしました。この目標を胸に、日々邁進しています!

 

61回生のみなさん! 4月に授業でまた逢えることを、楽しみにしていますね。

消防避難訓練を実施しました!(平成25年度後期)

2013.12.28

 

先日、平成25年度後期の消防避難訓練を実施しました!

 

今回の想定出火場所は、南病棟の湯沸室。

前回の一般病棟と違って階段の移動はないけれど、

寝たきりの患者さんが多い病棟だけに、迅速な避難誘導が求められます。

 

会議室で訓練の説明と訓示ののち、

患者さん役やスタッフ役に分かれてビブスを着用。

みなさんやや緊張した面持ち……?

 

それぞれ所定の配置についてスタンバイ。

 

非常ベルが鳴り、いよいよ訓練開始!

スタッフが急いで火元に駆けつけます。

 

「火事だ~!!」

第一発見者が、大きな声で出火を伝えます。

 

そのまま急いで非常口へ走り、避難路を確保!

 

すぐに避難が始まり、

まずは自分で歩ける患者さんが非常口から脱出。

 

普段はあまり通らない病棟の裏手を回って、避難場所へ。

 

続いて、動けない患者さんを担架で搬送。

歩きづらい場所では、急ぎつつも患者さんを気遣って慎重に通ります。

 

こちらは担架ではなく、毛布を使っての搬送です。

 

無事、全員の避難が完了し、確認の報告。

 

この日の最高気温は11.6℃。

室内着で出るにはやや肌寒く、訓練で使った毛布を手放せない患者役スタッフも。

 

続いて駐車場に移動しての消火訓練。

消防隊員さんによる説明ののち、

2人1組で水消火器を使ったシミュレーションを行いました。

 

3組目まで順調に進み、次は4組目。

 

あら? 水が出ない……。

 

どうやら消火器がカラだった模様。

ぷちハプニングに思わず笑みがこぼれました。

 

5組目が終わったあと、消防署の方から総括があり訓練終了となりました。

消防署のみなさんありがとうございました。

 

寒さがまして火災が起こりやすい季節になってきましたので、

みなさんも火の元にはお気をつけくださいね。

ワーク・ライフ・バランス推進ワークショップに参加しました!

2013.12.24

9月20日~21日、仙台で行われた、日本看護協会主催の「平成25年度 看護職のワーク・ライフ・バランス推進ワークショップ」に参加してきました。

ワーク・ライフ・バランス(WLB)とは、個人のそれぞれのバランスで、仕事と生活の両立を、無理なく実現できる状態のことです。

私たちは、ワークショップへ参加し、皆さんへのアンケート結果をもとに分析を行い、問題・課題を挙げて、解決に向けた取り組み案を作成しました。



このような取り組みを行うことにより、勤務環境改善にもつながることを学びました。
1人でも多くの方に興味を持ってもらい、仕事(職場)・生活に対しての疑問や不安を改善できるよう、今後3年間、ワーク・ライフ・バランス(WLB)への取り組みを行っていきたいと思います。
皆様のご協力をお願いいたします。


 

当サイトにて、ワークライフバランス関連のページを近日公開予定です!