スタッフブログ

「緊急時の搬送方法」について勉強会を行いました

2015.12.09

真壁病院看護部では「患者様の安全」と「医療者の安全」のために

医療安全管理委員会を設置しています。

そして委員会では毎月、院内の車いす・ストレッチャーの点検ラウンドや、

医療安全に関する勉強会を実施しています。

11月26日には、「緊急時の搬送方法」について、実技を中心とした勉強会を実施しました。

看護部以外の職員も参加し、本物の担架による搬送方法はもちろん、

緊急事態で身近に担架がない場合の搬送方法を学んでもらいました。

物干し竿や毛布を用いて応急の担架を作る方法や

一人で患者さんを搬送する方法について、実践を通して学びます。

また、職員には患者役も担当してもらいました。

搬送される側の立場を経験することで、

実際に患者さんを搬送する際の注意点を改めて確認できた、などの感想が聞かれました。

今回学んだことを忘れずに、実際の現場でも活用していきたいと思います。