スタッフブログ

消防訓練を終えて

2018.07.11

いつなんどき起きるか分からない火災に備え、さまざまな職場で防災訓練が行われていますが、

実際の火災緊急時、私たち病院スタッフは、患者様の安全のため、慌てず行動しなければいけません。

 

 

今回の消防訓練を終えて、定期的な訓練の必要性を学びました。 

 

 

 

訓練では、ある程度のシナリオと設定があり避難誘導を行いますが、

それでもミスやトラブルは発生します。

実際の火災現場では、命の危機という大きな緊張や不安、焦りから、

訓練よりもミスやトラブルの発生が予測されます。 

 

 

万が一に備え計画を立て、それを共有し、 

多くのスタッフが協力することの必要性と、 さまざまなトラブルに臨機応変に素早く、

的確に対応することが、緊急時には大切であることを学びました。

 

 

どんなに計画を立てていても、ミスやトラブルは発生します。

それをよりゼロに近づけるためにも、

何度も繰り返し訓練することが必要だと学びました。

 

 

 

一般病棟 斉藤英子 只野結香 大森豊和 青木まみ 徳増奈緒 

2018年(平成30)年5月30日 文責 大森豊和