利用案内

介護保険認定の流れ

介護や支援が必要となった際の要介護認定について、申請からサービス利用までの流れをご説明します。

要介護認定の申請 ※1

 

かかりつけ医の診断書

 

調査員の訪問調査 ※2

 
 

コンピュータでの1次判定

 

介護認定審査会での2次審査

 

自立と判定

 

要介護認定・要支援者認定 ※3

   
   

介護サービス計画の作成 ※4

   
   

サービス利用 ※5

  • ※1 本人または家族が、本人の住んでいる市町村役場の窓口に申請します。指定居宅介護支援事業者(ケアプラン作成機関)や介護保険施設による代行申請もできます。
  • ※2 市町村の職員や市町村から委託を受けた調査員が聞き取り調査を行います。
  • ※3 原則として、申請から30日以内に市町村が認定を行います。認定された要介護度の段階に応じて、保険給付の上限が決まります。心身の状態によっては自立と判定される場合もあります。
  • ※4 本人や家族から依頼された介護支援専門員(ケアマネージャー)がどのようなサービスを受けるか、介護サービス計画(ケアプラン)を作成します。
  • ※5 サービス利用に係る費用のうち、9割は保険による給付を受けられ、残りの1割が自己負担となります。
ページ上部へ戻る