年間行事

  • TOP>
  • 年間行事

年間行事

新年会 毎年1月開催 夏祭り 毎年7月~8月頃開催
節分 毎年2月頃開催 敬老会 毎年9月頃開催
お花見 毎年4月頃開催 文化祭 毎年11月~12月頃開催
ドライブ 毎年春・秋頃開催 クリスマス会 毎年12月頃開催

※天候や、利用者様の状態、その他諸事情により、中止となる場合もございます。

過去に行われた主なイベントをご紹介します。

平成27年

1月1日~3日 新年会

1月1日、毎年恒例である『歌津つつじ苑“お正月行事”』が盛大に行われました。「新年!あけましておめでとうございます!!」と、大きな挨拶で新年を迎え、獅子舞や年賀状配り、風船バレー、そして職員による出し物などで大変盛り上がりました。
初笑いあり、とても充実した三が日を過ごすことが出来ました。皆様がこの一年健康であることを職員一同お祈りしています。

平成26年

9月15日 敬老会

9月15日、毎年恒例の『敬老会』が今年も行われました。特別敬老者12名が主役となり、利用者様全員でお祝いしました。ボランティアによる舞踊もあり、大いに楽しまれたと思います。また“祝い品”として今年は“写真立て”を特別敬老者に贈り、満面の笑みも見られました。昼食にはお祝い弁当を食べていただき、「最高に美味しかった」と好評でした。

7月26日 夏祭り

歌津つつじ苑では、7月26日『第14回夏祭り』を行いました。
今年は「咲かせよう!笑顔の花」をテーマに、職員と利用者様とが協力して準備にあたりました。針仕事の得意な利用者様に協力していただき、大漁旗を仕立て直して職員の余興である「ソーラン節」の法被を作成しました。格好良く出来上がり皆様から好評をいただきました。
また、「南三陸町民憲章」を利用者様が一人一文字ずつ書き、当日大きく張り出しました。利用者様には満足そうな笑顔が見られ、ご家族にも大変喜んでいただくことができました。
余興では、子供たちの元気に踊る姿や、獅子踊りと吹奏楽部の綺麗な音色が披露されました。参加していた皆様全員に楽しんでいただけたようです。
皆様のご協力があり今年も無事成功させることができました。ありがとうございました。

5月19日~24日 ドライブ

5月19日から24日の一週間、『田束山ドライブ』を行いました。
残念なことに天候が悪く中止になる日もありましたが、快晴に恵まれる日も多く、山頂から金華山まで見えるときもありました。新緑と美しいつつじを見て「あら~」「何と美しいごど~」の声もたくさん聞かれました。田束山に向う途中で「もしかしてカモシカ」とカモシカらしきものに遭遇した車もありました。久しぶりに田束山に登ったという利用者様も多く、喜んでいる姿に職員も笑顔になりました。

1月18日~24日 通所新年会

1月18日から1週間のあいだ、通所スペースにて『新年会』が行われました。今年は、二人羽織やAKB1にグラマー!?な女性の歌謡ショー、そして田舎の吉幾三にふんしたロックンローラーが登場し、多くの利用者様を笑いの渦に巻き込みました。見られなかった方は、本当に残念な位のショータイムでした。写真でロックンロールをお楽しみください。

1月1日~2日 新年会

1月1日に新春恒例の『年賀状配り』、2日にはリハビリも兼ねた『新春紅白運動会』が行われました。年賀状配りでは、担当職員が作った個性溢れる年賀状が獅子舞から配られました。獅子舞の登場に頭を噛んで欲しいとそばに来る利用者様も見られました。
新春紅白運動会では、いつもリハビリで行っているレクをチーム対抗戦で行いました。運動会となると利用者様の動きが普段以上に機敏なように感じました。負けん気がそうさせるのかは、謎ですが……。
ハッスルプレーに、笑いの多い3が日を過ごす事が出来ました。

平成25年

9月15日 敬老会

9月15日、歌津つつじ苑でも『敬老会』を行いました。今年は『熊谷流さざ波会』様が来苑され、素敵な踊りを披露していただきました。また、例年より多い10名の方々に喜寿・米寿・白寿の特別敬老記念の祝い品を贈呈しました。利用者様はお昼には敬老の日らしい特別な弁当を召し上がりました。
通所リハビリでは、9月16日~21日の1週間で『敬老会』が行われ、職員による踊りが披露され、記念品を贈呈しました。おやつの時間には、いつもと違うおやつが提供され、笑顔あふれる『敬老会』になりました。

7月28日 夏祭り

7月28日、歌津つつじ苑最大のイベント『夏祭り』が行われました。夏祭り準備時には連日連夜の雨が続き天気も心配されましたが、当日は快晴の中で行うことができました。
当日は、モアイ像の展示や今は懐かしいホタテマンが登場しました。さらに職員による「ソーラン節」や2組のバンド演奏が行われ、会場が大いに賑わいました。昨年に続き、大抽選会が開催され、多くのご家族が抽選番号付のパンフレットを握りしめていました。
また当日、ご協力いただきました真壁病院やさつき苑の職員の皆さん、本当にありがとうございました。

5月19日 ボランティア

5月19日、踊りのボランティア『賀寿会(かずえかい)』様が来苑されました。久々の来苑を利用者様も楽しみにされていたようで、開始時間前からホールで待っている方もいらっしゃいました。着物姿で、扇子や傘等の小道具を使いながら「孫」や「東京だよお母さん」を踊られました。歌に合わせて一緒に口ずさむ利用者様も多く見られ、1時間があっという間に過ぎていきました。利用者様からも好評で「また来てほしいね」との声が多く聞かれました。

4月15日 ボランティア

4月15日、フォークデュオワルツ『テツ&サチコ』さんが来苑されました。昨年9月に続いて、今回で2回目の来苑になります。前回同様、近隣住民の方も来苑され、一緒に楽しんで行かれました。森山直太郎の「さくら」、中島みゆきの「地上の星」など、12曲を歌っていただきました。「熊本のベートーベン」ことテツさんの楽器演奏と、サチコさんの歌声に魅了されたひと時でした。

1月14日~ 通所リハビリ新年会

1月14日からの1週間、『通所リハビリ新年会』が開催されました。
利用者様による歌や踊りが披露されました。職員によるかくし芸大会は、さとう宗幸(?)や加山雄三(?)のものまね、トランプやハンカチを使ったマジックショーなど、盛りだくさんの内容でした。他にも、かわいらしいダンスショー、ダイナミックなだるま踊りなどがあり、中でも一番ビックリしたのは、歯と歯の隙間から素敵な音色を奏でた歯笛(!?)でした。どのステージも感動(または笑い?)の涙無しには見ることができず、利用者様と職員ともに、涙腺が崩壊した1週間でした。

ページ上部へ戻る